/

個人情報保護法とは 大幅改正もEU規則との差大きく

きょうのことば

▼個人情報保護法 企業や団体が個人情報を利用する際のルールを定めた法律。氏名や顔写真のほか、他のデータと容易に照らし合わせて個人を特定できる情報を「個人情報」として保護する。企業は本人への利用目的通知などの義務を負い、違反すれば行政指導の対象となる。

現行法は15年に大幅改正し、17年に全面施行した。人種や病歴、犯罪歴など特に慎重に扱うべき「要配慮個人情報」を新たに定め、同意なしの取得を禁じた。「匿名加工情報」の制度も新設し、ビジネス活用に配慮した。一方、個人が企業の情報利用にいったん同意すると、その停止を原則請求できなくなるなどの課題もあった。

20年予定の改正は大幅見直しとなるが、欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)との差はなお大きい。GDPRは望まないデータの消去を企業に請求できる「忘れられる権利」を認めるなど個人の権限が強く、クッキー(サイト閲覧データ)や位置情報も保護すべき対象に含める。日本では3月に経団連がクッキーなどの規制強化には「慎重な検討が必要」とする意見を公表。改正論議は難航しそうだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン