2019年9月20日(金)

改元とは 新天皇即位前の新元号決定・公表は初
きょうのことば

2019/4/2付
保存
共有
印刷
その他

▼改元 改元とは、元号を改めることを指す。「令和」は645年の「大化」以来、248個目。現代では元号法によって、皇位の継承(天皇の代替わり)があった場合に限り政令で定めると規定されている。明治期以降は旧皇室典範で天皇一代につき一つの元号とする「一世一元の制」が法制化された。戦後に旧典範が廃止され、新典範からは元号に関する規定が無くなった。

元号法の成立は1979年6月。元号が法的根拠を失った状態が続けば「昭和」限りで元号がなくなる、との懸念を強めた民間団体の運動が広がり、法制化に至った。戦前まで元号は天皇の勅定事項だったが、同法により決定権が政府に移行した。昭和末期、政府は秘密裏に有識者に新元号の考案を委嘱。昭和天皇の逝去後、複数に絞り込んだ案を有識者や衆参両院の正副議長、全閣僚などで協議し、「平成」に決まった。

天皇の退位に伴う改元は憲政史上初めて。新天皇の即位前に新元号を決定して公表したのも歴史上初めてだ。新元号は将来的に新天皇のおくり名(追号)にもなり、元号を定める政令に現在の天皇陛下が署名することに保守層からの批判も少なくない。このため安倍晋三首相は2、3月、東京・元赤坂の東宮御所を訪れ、新元号の候補案を示すことで、格別の配慮を示したもようだ。

【関連記事】
新元号「令和」公布 5月1日施行 出典、初の国書
日本古典から令和 首相「これでいこう」(ルポ迫真)
新元号「令和」 首相談話「花を大きく咲かせたい」
令和「日本の国柄、しっかり次代へ」 首相談話全文
令和は万葉集巻五、梅花の歌三十二首の序文
新元号、有識者懇メンバーの発言
「令」と「和」新時代象徴する2文字 新元号読み解く
「令和」ネットで話題集中、好意的な反応多く
広がる西暦表記 元号なお存在感
新元号・令和「日本古典から初引用」 海外メディア
新元号「令和」の英訳、海外メディアで分かれる
カジュアル改元の光と影
新元号「令和」 システム対応いよいよ大詰め
イチから分かる元号 最長は? 最多漢字は?
政治・経済・外交…転機の予感 新元号4月1日公表
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。