2019年6月16日(日)

迫る5G(5) 自動運転インフラへ越えるべき壁

ネット・IT
モバイル・5G
2019/3/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

データを送受信するタイムラグが0.001秒まで短くなる次世代通信規格「5G」。このような低遅延の機能を生かし、緊急時に外部からも自動でブレーキ操作できるような自動運転への応用が期待されている。ただ実用に向けては、いくつか越えなければならない課題が残っており、時間がかかりそうだ。

2月末にスペイン・バルセロナで開催された携帯見本市「MWC19バルセロナ」のスウェーデンの通信機器大手エリクソンのブー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報