2019年4月21日(日)

「ゆるキャン△」の聖地でキャンプ(山梨県身延町)
おもてなし 魅せどころ

コラム(ビジネス)
南関東・静岡
2019/4/1付
保存
共有
印刷
その他

NIKKEI MJ

山梨県身延町。富士山の北西にあり、日蓮宗総本山の久遠寺や本栖湖くらいしか観光スポットがない。ある意味地味な地域が今、アニメ「ゆるキャン△」の聖地巡礼の場としてスポットを浴びている。

キャラクターの誕生会で

キャラクターの誕生会で"本栖高"の校庭にテントが広がる=五条ヶ丘活性化推進協議会提供

ゆるキャン△では山梨県を舞台に女子高生がキャンプを楽しむ。敵との戦いもエッチなシーンもない。起伏が少ないストーリーに、ファンは「何もないのがいい」「癒やされる」と語る。本物そっくりに描いた風景を自分の目で確かめようと、多くの若者が訪れる。

聖地の中心は本栖高校。主人公が通う学校だが、モデルは廃校になった旧下部中学校だ。隣にある常幸院の深山光信住職はアニメ人気を機に五条ヶ丘活性化推進協議会を結成、ファンをもてなす企画を始めた。

聖地巡礼として劇中に出てくる場所を見て回るだけでなく、ゆるキャン△では現地で主人公たちと同じ感覚を味わえる。人気アニメ「ガールズ&パンツァー」(聖地は茨城県大洗町)の女子高生のように戦車に乗らなくても、手軽なキャンプは誰でも追体験できる。

協議会は本栖高で登場人物の誕生会を2018年度に3回開き、延べ300人が集まった。歌で祝った後は、ファン同士で食事をふるまい校庭に張ったテントで寝る。住民がボランティアで運営し手際はあまりよくないが、プロが仕切るイベントに慣れたファンには新鮮に映る。

3回とも参加した浜松市の鵜飼雄紀さん(24)もアニメをきっかけにキャンプを始めた。「手作り感満載の中にいろいろ仕掛けがあった。ファンも地元の方も熱量がすごい」と話す。山梨の魅力にとりつかれ、いずれ移住する予定という。

アニメに登場しないエリアでも、人気を呼び込もうという動きが出てきた。久遠寺では2月、ファンを対象にバイクの安全祈願祭を開催。ファンは本栖高までスクーターを走らせてバイク通学の疑似体験を楽しんだ。久遠寺門前ではグッズを売る仏具店も現れた。

誕生会キャンプは今年度も3回開く。「キャンプに来た子どもたちが大きくなった時、また来てくれれば」と、深山住職は息の長い取り組みをめざす。

山梨大などの調査では、アニメで外の人が評価したことで地域の人に自信と誇りが生まれ、地域の連帯感が増したという。一過性のアニメだからこそ、強まった地域のつながりを生かし活動の幅を広げることが必要になる。

(三浦秀行)

[日経MJ 観光・インバウンド面 2019年4月1日付]

春割で日経MJが5月末まで無料

 ヒット商品の「売れる」理由を徹底リサーチ。売り場戦略から買い手の最新動向まで、独自に取材。「日経MJ」が紙面ビューアーで読めるサービスが、春割で5月末まで無料でお試しいただけます。無料期間中はいつでも解約OK

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報