2019年7月17日(水)

マイゴルフ

フォローする

ダウンスイング 腹筋使い手元を引き付ける

2019/3/28付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

右腕を時計回りにねじる動きを入れてクラブを上げ、右肘がちょうど下を向いた出前持ちスタイルのコンパクトで緩みのないトップをつくった。次は切り返しからのダウンスイングである。手元が右腰の高さに下りるまでは下半身の動きに頼らず、左肩も開くことなく手元をすっと下げることでスイングプレーンに乗せやすくなるというのが前回までのおさらい。

手元が右腰まで下りてきたら腹筋を意識し、手元を体の方に引き付けるように…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

マイゴルフ 一覧

フォローする
プロ同期入門の出水田のツアー初優勝が刺激になった

 シード選手になって、周りから「近いうちに勝てるよ」と言われ好機を逃し続けても、焦らずプレーすることを心がけていた。そんな僕に、一番の刺激になったのは九州勢の初Vラッシュとなった昨年の8月、同郷の出水 …続き (7/12)

肩、胸のラインと腰や膝、スタンスのラインがスクエアになるように構えるのがオーソドックス

 アドレスはゴルフの基本だ。おろそかにして上達はあり得ない。肩、胸のラインと腰や膝、スタンスのラインがスクエア(平行)になるように構えるのがオーソドックス。ただ、人それぞれに構えやすいポジションがある …続き (7/5)

肩に力が入らない程度で握る

 本格的にゴルフに取り組み始めた小学1年から2年まではベースボールグリップでクラブを握っていた。時松隆光さんの活躍で注目された「テンフィンガー」である。幼い頃は手が小さいから、ベースボールグリップのほ …続き (6/28)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。