2019年5月27日(月)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,182.58 +65.36
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,200 +100

[PR]

投資番付

フォローする

株式投信 20年間の騰落率 中小型・新興国型が上位
投信番付

2019/3/28付
保存
共有
印刷
その他

1998年12月に解禁となった投資信託の銀行窓販は、個人投資家に投信が広まるきっかけになった。解禁後、IT(情報技術)バブルの崩壊やリーマン・ショックなど、資産運用の逆風となる出来事も多かったが、こうした困難を乗り越えて好成績を収める投信も少なくない。

全追加型株式投信を対象に20年間の騰落率(課税前分配金再投資ベース)でランキングしたところ、上位には国内の中小型株式や新興国に投資する投信が並んだ。10位の商品でも上昇率は400%を超え、全追加型株式投信の平均上昇率(44.7%)を大幅に上回る。

首位は野村アセットマネジメントの「ミリオン(ジャパン ドリーム ポートフォリオ)」。国内の中小型株のうち高い成長が期待できる銘柄を投資対象とする。給与天引き方式で買い付ける、積立投資専用の商品だ。2位は「アジア製造業ファンド」。アジアの製造業関連銘柄のうち成長が期待できる銘柄に投資している。

(QUICK資産運用研究所 望月瑞希)

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム