/

この記事は会員限定です

魚を守り食べ続けるには(複眼)

T・ネースビーク氏/伊藤滋氏/小松正之氏

[有料会員限定]

サバ、カツオなどなじみのある魚の価格が高騰しているのは日本だけではない。世界の需要は増え続け、限られた資源をめぐる争奪戦が激しさを増す。海洋汚染や温暖化の影響も無視できない。どうすれば水産資源を守り、持続的に利用できるのか。内外の関係者に聞いた。

◇  ◇

海洋国、協力の輪を ノルウェー水産相 T・ネースビーク氏

ノルウェーの漁業も30年前は補助金に頼り、とりたいだけ魚をとっていた。だが、それでは漁業を持続できない。政府は漁業に規制を設け、船ごとにどれだけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4017文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン