2019年7月16日(火)

ラグビー

反則連発、改善が急務 サンウルブズ5敗目
大会除外、失われる学びの場

2019/3/25付
保存
共有
印刷
その他

スーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズは23日、シンガポールでライオンズ(南アフリカ)と戦い、24-37で敗れ、1勝5敗となった。2021年に大会から除外されることが決まってから初めての試合を、勝利で飾ることはできなかった。

ライオンズ戦に先発出場した山中。ブラウンHCは「非常にいいプレーだった」と評価した(23日、シンガポール)=AP

ライオンズ戦に先発出場した山中。ブラウンHCは「非常にいいプレーだった」と評価した(23日、シンガポール)=AP

除外が選手に告げられたのは2日前。「今できることをしっかりやろうと話し合った」とフッカー坂手。昨季準優勝の強豪に後半12分まで2点差で食らいついた。ただ、今季多発している反則はこの日も12と多かった。密集戦で後手に回り、倒れた選手がボールを離せない。ボールを持たない相手へのタックルなどうかつな行為も目立った。

反則はスクラムでも3度発生。点差が開くきっかけとなったのがマイボール時に犯したものだった。坂手が足で後ろに送ったボールが味方に当たり、前に戻る。「焦って押そうとしたところでカウンターを食らった」と坂手。「スクラムの後ろの5人といいコミュニケーションを取りたい」と修正を誓う。代表でも共通する問題だけに、改善は急務だ。

ライオンズ戦に先発出場したサンウルブズのPR具智元(23日、シンガポール)=AP

ライオンズ戦に先発出場したサンウルブズのPR具智元(23日、シンガポール)=AP

こうした課題を浮き彫りにし、毎週、試行錯誤できる場がSRだった。参戦継続の意欲が乏しい日本ラグビー協会の方針が響き、この学びの場は失われる。定着した「オオカミの遠ぼえ」の応援や、ノーサイドの笛まで響いていた子どもらの声援も、また消える。

(シンガポール=谷口誠)

保存
共有
印刷
その他

ラグビーコラム

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

 ラグビーの国際統括団体、ワールドラグビーは15日、7人制で英国が男女ともに2020年東京五輪の出場権を獲得したと発表した。欧州予選でイングランドが男女とも優勝。五輪には英国として出場する。〔共同〕 …続き (15日 20:01)

 コカインを所持したとして麻薬取締法違反の罪で起訴されたラグビーのトップリーグ、トヨタ自動車の元選手樺島亮太被告(28)が12日、保釈された。同日、名古屋地裁岡崎支部が保釈を認める決定をし、名古屋地検 …続き (12日 20:16)

 ラグビーのトップチャレンジリーグの近鉄は11日、オーストラリア代表100キャップの実績を誇るSHウィル・ゲニア(31)と、同70キャップのSOクエイド・クーパー(31)が加入すると発表した。ゲニアは …続き (12日 10:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。