/

この記事は会員限定です

進化の意外な順序 アントニオ・ダマシオ著

意思なき生存欲求に宿る「心」

[有料会員限定]

人の心はどこに宿るのか。デカルトの心身二元論によって解決済みの問題かと思いきや、科学の進展により、それがぐらついている。神経科学の泰斗ダマシオの新著は、ある種の心身一元論宣言である。

心が宿る場所が脳であることは自明である。だが、はたして脳は自律した存在だろうか。脳は、身体各所にある感覚器で得られた情報を集めて解析する中央情報処理装置である。逆にいうと、身体からの情報入力に依存した存在ともいえる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り717文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン