2019年5月25日(土)

芸術家が愛した音の風景(2) アングル「ニコロ・パガニーニ」
ドイツ文学者 喜多尾道冬

美の十選
2019/3/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「オダリスク」で知られる画家アングルもヴァイオリンの名手で、15歳のとき地元のオケでヴィオッティの協奏曲のソロを担当するほどの腕前だった。だからドラクロワのように画家になるか音楽家になるかで悩んだが、17歳でスケッチ画のコンクールで優勝したのをきっかけに画家を志す。

21歳で芸術家の登竜門「ローマ賞」を受賞してイタリアに留学。そこでパガニーニと知り合い、彼のスケッチ画を描くことになる。それだけで…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報