「福沢一郎展」 戦時下 故国への冷めた視線

批評
2019/3/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京・竹橋の東京国立近代美術館で「福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ」が5月26日まで開催中だ。

福沢一郎(1898~1992年)は、欧州の芸術運動であるシュルレアリスムを日本に紹介したことで知られる画家。東京帝国大学在学中に芸術家を志して24年にフランスに渡り、画家になる。31年に帰国後はシュルレアリスムの影響を強く受けた作品で、この運動の日本におけるリーダーの一人となった。

こ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]