ニッポン半導体、生き残れるか(複眼) 呉文精氏/成毛康雄氏/若林秀樹氏

2019/3/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本の半導体産業が存亡の機に立たされている。投資や合理化の遅れで地位低下が続く一方、中国が猛スピードで追い上げ、一部技術は日本を超えたとの見方もある。国産を維持できなければデータ経済の成長を取りこぼしかねない。空前の好景気も転機を迎える中、輝きを取り戻せるか。

◇   ◇

■百貨店型から強い専業へ ルネサスエレクトロニクス社長 呉文精氏

日本の半導体産業が世界で後れをとったのは、開発から生産まで自前…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]