/

この記事は会員限定です

伊藤雅俊(17)マヨネーズ

古巣へ 難しい卵交渉 素材と気迫で賛成勝ち取る

[有料会員限定]

「何とかしたいから、戻ってしっかりやってくれ」。1995年(平成7年)7月、食品部長の辞令を受けとった。冷凍食品部から古巣に戻る。47歳。「何とかしたい」ものとはマヨネーズだった。68年に発売したものの、キユーピーがガリバーとして市場に君臨していた。

同じ土俵で戦っては消耗戦になる。我々の商品のポジショニングを明確にして「味の素のマヨネーズが好きな人をがっちりつかもう」と考えた。マヨネーズの絵を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1086文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン