2019年7月19日(金)

外国人材活用の条件(下) 多文化共生政策の推進を
山脇啓造 明治大学教授

経済教室
コラム(経済・政治)
2019/3/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ポイント
○国は多文化共生政策への取り組み遅れる
○言語、教育、医療、住居など課題は幅広い
○基本法の制定や担当組織の設置が不可欠

2018年12月、改正入管法が成立し、政府は新たな外国人労働者受け入れのための在留資格「特定技能」を創設し、出入国在留管理庁を設置することとなった。併せて同月下旬には「外国人材の受け入れ・共生のための総合的対応策」を取りまとめた。

法務省の統計によれば、18年6月末時点で約…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。