/

この記事は会員限定です

ベーシックインカムの展望 仕事の定義・活動の場広げる

山森亮 同志社大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○フィンランドが2年間の給付実験を実施
○無報酬労働の認知や性別役割分業に影響
○基礎年金の税財源化や児童手当普遍化を

ベーシックインカム(BI)が世界的に注目を集めている。本稿では、フィンランド政府が2018年末まで2年間実施したBI給付実験の暫定調査結果に基づき、BIの展望と課題を検討したい。

BIとはすべての人が権利として(1)個人単位で(世帯主ではなく)(2)無条件で(稼働能力の活用など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2819文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン