2019年9月20日(金)

「人質司法」 改めるべきは(複眼) 中山隆夫氏/デービッド・アトキンソン氏/王雲海氏

2019/3/5 2:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日産自動車のゴーン元会長が逮捕されて100日あまり。弁護士の同席を認めない取り調べ、保釈を先延ばしする長期勾留などの捜査手法に、海外から「人質司法」との批判がでた。日本と海外との刑事司法の違いを踏まえ、なにをどう改めるべきなのか。内外の識者に聞いた。

◇   ◇

■安易な勾留延長は論外 元福岡高裁長官 中山隆夫氏

日本の刑事司法制度は、事実認定を厳格に行う傾向が強い。根っこには真実を解明し、有罪の人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。