2019年7月23日(火)

低い日本の労働生産性(上) 米国との格差、複合的要因
森川正之 経済産業研究所副所長

経済教室
コラム(経済・政治)
2019/3/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ポイント
○生産性も時間当たり賃金も米の3分の2
○労働時間の短縮は生産性向上に直結せず
○資源配分の効率性の違いが生産性に影響

労働力不足が深刻さを増すなか、生産性への関心が高まっている。日本の労働生産性の水準は米国の約3分の2で、主要7カ国(G7)諸国中最下位だ。米国との生産性ギャップは1990年代初め以降ほぼ横ばいで、30%を超える格差が続いている。

時間当たり賃金の平均値を比較しても、日本は米国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。