/

この記事は会員限定です

未来のコミューン 中谷礼仁著

近代建築に浮かぶ原罪意識

[有料会員限定]

映画「万引き家族」を見た直後というタイミングで本書を開いた。家族の理念が住まいの歴史をたどりながら読み解かれていき、映画で描かれた疑似家族の根拠が見えてくる。

事例のほとんどが欧米のものだが、生活様式が完全に欧米化した現実を思えば納得だ。器が変われば家族の概念も当然のこと影響を受ける。ただ欧米の家が日本と大きく違うのは根っこにはキリスト教があることで、そこに着目した点が本書の特徴だ。

家は「生まれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り699文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン