2019年8月23日(金)

高祖父は「英学教育の祖」
伊藤博文らにも教えた学者 野辺地尚義の足跡たどる 野辺地えりざ

カバーストーリー
2019/2/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

江戸後期から明治にかけて活躍した野辺地(のべち)尚義(たかよし)(1825~1909年)という岩手出身の蘭学者・英学者がいた。後に新政府の重鎮となる長州の井上馨や伊藤博文らに英語を教え、維新後は京都に日本初の公立女学校を創って「英学教育の祖」と呼ばれる。

その後は、現在東京タワーが建っている場所にあった会員制高級料亭「紅葉館」の館主を務め、外国の要人らをもてなし民間外交の立役者となった。私は尚義…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。