/

この記事は会員限定です

五百旗頭真(25)復興構想会議

議論紛糾 示した「希望」 創造的復興 国民が税で支え

[有料会員限定]

日本史上最大級の巨大地震津波による東日本大震災であった。広域、多分野に被害がわたるため、各地、各省庁で個別に対処していては全体像を見失う。復興の方針と輪郭を被災直後に描く必要があった。復興構想会議が招集された。

「議論百出とりまとめ難航」。ある新聞の見出しである。4月14日の第1回会議では、福島原発問題で激高し、立ち上がって机をたたき、「こんな会議はやめてしまえ」と叫ぶ者もいた。議長の私は「福島の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1119文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン