2019年7月23日(火)

老朽化するインフラ(下) 長期の社会コスト減 重視を
中村光 名古屋大学教授

経済教室
コラム(経済・政治)
2019/2/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ポイント
○15年後には道路橋の6割以上が50年経過
○事後保全の必要額、予防保全の約1.5倍
○インフラ集約や新設構造物の見直し課題

経済の発展や生活の質向上に大きく貢献する社会インフラの老朽化が社会問題となっている。高度経済成長期に多数のインフラが整備され、現在では膨大な量のインフラの高齢化が急速に進んでいる。

日本を代表するインフラでは、首都高速道路は1962年、名神高速道路は63年、東名高速道路…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。