/

この記事は会員限定です

まじない食 地域と交わる

豆腐・団子・ナス… 素朴な祈りとの結びつき探訪 吉野りり花

[有料会員限定]

12月8日に豆腐を食べると、1年間についた嘘が帳消しになる。そんな「うそつき豆腐」という風習が鳥取市河原町にある。以前は各世帯でやっていたが、2015年に私が訪れたときには伝統行事として保存する目的もあり、同町の歴史民俗資料館が主催していた。

□ ○ ●

「縁起食」日本各地に

うそつき豆腐のように、素朴な祈りと結びついた食べ物は日本各地にある。「縁起食」「儀礼食」と呼ばれるものだ。親しみやすいように...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1545文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン