2019年8月18日(日)

CASE革命 中西孝樹著 自動車産業 現実的な未来図

批評
2019/2/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

自動車業界は100年ぶりの大変革期といわれる。その背景となる現象を示すのがCASE(コネクティッド、自動運転、シェアリング、電動化)と呼ばれる4つのトレンドだ。自動運転の電気自動車が一般道を走り回る社会がすぐ到来するかのような論調も見受けられる。CASEを巡る時間軸の論考が欠落している点を問題視し、将来シナリオや工程を示すことで現実的なCASE革命の解説を目指すのが本書である。

著者は都市と社会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。