マイゴルフ

フォローする

スイング改造 シニア参戦 3季目で花開く
米山剛(2)

2019/2/14付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

初優勝した三菱自動車トーナメントに続き、久光製薬KBCオーガスタ、カシオワールドと年間3勝を挙げた1999年がレギュラーツアーでのハイライト。40歳を過ぎて深刻な首痛に悩まされるようになると、シードを失い、シニア入り前の5年間はスイング改造に費やした。

シニアでの初優勝は参戦3季目の2017年ファンケルクラシック(静岡県裾野CC)。通算7アンダーで私と真板潔、清水洋一、スティーブン・コンラン(オ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

マイゴルフ 一覧

フォローする
全てのショットをハンドレートで構える

 延長にもつれ込んだ2007年日本アマ選手権決勝の小林伸太郎戦。準決勝を制したのと同じ延長5ホール目で勝負は決着する。
 445ヤードのパー4は左ドッグレッグでフェアウエーは右傾斜しており、ティーショッ …続き (10/18)

クラブはオーバーラッピングで握る

 2007年7月、愛知CCで開かれた第92回日本アマ選手権はいつもと違った。日本アマ百年の歴史で初めて地上波のテレビ中継が入った。その年の5月、男子ツアーを15歳で優勝した石川遼君が出場するとあって「 …続き (10/11)

勝ちに不思議の勝ちあり、とは言うけれど

 4位で終えた9月の日本シニアオープン。首位の谷口徹選手と6打差4位で最終日を迎えるにあたり、取材で囲んでくれたメディアに「6打差というのは験がいいんですよ」と言い残した。

 ゴルフの勝負は何が起こるか …続き (10/4)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]