2019年2月23日(土)

民間航空先駆者の「航路」
パイロットののち教育者、飯沼金太郎の足跡追う 小暮達夫

カバーストーリー
2019/2/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大正中期に民間パイロットの先駆けとして活躍し、昭和初期には教育者として航空界の発展に貢献した人物がいた。千葉県佐倉町(現佐倉市)で生まれた飯沼金太郎(1897~1964年)である。日本の航空時代を切り開いた一人だが、その存在はこれまでほとんど知られていなかった。

△ △ △

近くの寺の境内に墓石

私は佐倉市職員として働きながら、飯沼について20年近く調べてきた。存在に気づいたのは1999年の春。職…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報