/

この記事は会員限定です

五百旗頭真(9)広島大へ

荒れる京大 離れ就職 団交に負けぬ学長に驚き

[有料会員限定]

「石原莞爾と満州事変」についての修士論文に取りかかった頃だったろうか。猪木先生がある日突然言われた。「いおきべ君、こんな大学院に長くいたら駄目ですよ。早く就職した方がいいです」

政治学分野の大学院は6人が同年同室で、4人は民青系、1人が全共闘系で、ノンポリ(非左翼系)は私一人だった。多勢に無勢で時にいじめられがちなことを先生は耳にされたのだろうか。

ただ、父を見て育った私にとって学者の道は貧乏を覚...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1111文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン