2019年8月22日(木)

宗教と国際政治(下) 影響復活 揺らぐ自由主義
池内恵 東京大学教授

経済教室
2019/2/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ポイント
○法と政治共同体を束ねる一神教の宗教観
○冷戦終結後の国際政治で宗教が影響増す
○中東ではイスラム文明内部の対立が拡大

国際政治で宗教の持つ影響力が顕在化している。日本ではこれを不思議に感じる人も多いだろう。その原因は日本の宗教観と、世界の大多数を占める一神教の宗教観の相違である。一神教の宗教観では、宗教は国家の制定する法を超越する神の啓示した法に依拠したものと認識されている。キリスト教やイス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。