/

この記事は会員限定です

五百旗頭真(8)京大大学院へ

実証的歴史家への一歩 石原莞爾の調査で庄内へ

[有料会員限定]

人は自分の職業をどう決めるのだろうか。私は学者の道を歩んだが、それは父が学者で、その家庭に育ったから。しかし、8人の子どもの中で、学者になったのは次男の博治と五男の私だけである。4分の3は別の道を歩んだ。

大学4回生の情景をまざまざと思い出す。私は猪木正道教授のゼミに属したが、先生は夏休みを前にしたゼミの終わりに、各自の就職活動状況を聞きたいと言われた。私は緊張した。社会に出て働く前に、もう少し大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1098文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン