/

この記事は会員限定です

「イケムラレイコ」展

混沌から手繰る 豊かな表象

[有料会員限定]

三重県出身の美術家、イケムラレイコは1970年代初めに大阪の大学でスペイン語を学び、スペインの大学の美術学部を経て、79年に移り住んだスイスで本格的に制作活動を開始。80年代以降はドイツを拠点としているアーティストだ。2000年代以降、日本でも大規模な個展が開かれるようになり、4度目となる「イケムラレイコ 土と星 Our Planet」が東京・六本木の国立新美術館で開かれている。

あいまいで混沌と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り600文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン