/

この記事は会員限定です

石積み堰堤 重厚な美

明治から昭和のダム70基、時経るほどに風格増す 川崎秀明

[有料会員限定]

「石積み堰堤(えんてい)」と言われて、それが何なのか、すぐわかる人は少ないだろう。石積みで囲ったダムのことで、内部にコンクリートやモルタルを流し込んで造る。日本では明治から昭和初期に築かれた。

∴ ∴ ∴

重文や土木遺産に指定

実際に見ると天然石やブロックが織りなす表情が美しい。西欧の城や大聖堂を思わせる重厚さで、時を経るほどに風格が増す。国内には70あり、多くは重要文化財、土木学会が選ぶ土木遺産な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1357文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン