ウイルスの意味論 山内一也著 広がる定義と驚くべき能力

読書
2019/2/2 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ウイルスは生物か無生物か。これは長年にわたる大問題である。生物学の教科書を見ても、明快な回答は見つからない。この命題にからめたタイトルを掲げてベストセラーとなった本もあるほどだ。

ウイルス学の権威である本書の著者も、上記の議論にコンセンサスが得られる見通しはないと認めている。ただし少なくとも、「ウイルス粒子は無生物と同様の存在であるが、細胞内では生きている」ということでは異論はないと断ったうえで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]