/

この記事は会員限定です

ウイルスの意味論 山内一也著

広がる定義と驚くべき能力

[有料会員限定]

ウイルスは生物か無生物か。これは長年にわたる大問題である。生物学の教科書を見ても、明快な回答は見つからない。この命題にからめたタイトルを掲げてベストセラーとなった本もあるほどだ。

ウイルス学の権威である本書の著者も、上記の議論にコンセンサスが得られる見通しはないと認めている。ただし少なくとも、「ウイルス粒子は無生物と同様の存在であるが、細胞内では生きている」ということでは異論はないと断ったうえで。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り671文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン