/

この記事は会員限定です

上州粉もの探究 粉骨砕身

「おきりこみ」「焼き饅頭」知られざる群馬の郷土食 横田雅博

[有料会員限定]

国内第5位の小麦産地である群馬県。たこ焼きやお好み焼きなど関西の「粉もん」ほど知られてはいないが、独自の「粉もの文化」が昔から存在する。幅広の麺を野菜と煮込む「おきりこみ」や酒饅頭(まんじゅう)を串に刺して味噌ダレを塗った「焼き饅頭」が代表格だ。

「上州名物、かかあ天下と空っ風」と言われるように、冬には連日晴れて乾燥する気候が米と麦の二毛作や畑作に向いている。かつては養蚕が盛んで農家の女性は忙しか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1483文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン