/

この記事は会員限定です

石原邦夫(28)我が故郷中国

震災後、安否気遣う手紙 子供と交流、生家は面影なく

[有料会員限定]

2011年の春ごろ、中国の小学生から中国語で書かれた手紙が会社に届いた。「あなたはもうこの世にはいないのかもしれませんが」。そんなドキッとする書き出しだった。3月の東日本大震災の直後のことだ。続いて「元気でいることを祈ってます」とつづられていた。

ボランティアで前年訪ねた貴州省の子どもたちからの手紙だった。蝋燭を灯し、祈る子供たちの写真が添えられていた。遠く離れた日本の地震が、どの地域で起きたのか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1079文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン