外国人労働者とは 日本に146万人、4月から新在留資格
きょうのことば

2019/1/26 2:00
保存
共有
印刷
その他

▼外国人労働者 外国人が日本で働くには一定の条件を満たす必要がある。「専門的・技術的分野」の大学教授や医師、機械工学の技術者らは就労目的での在留ができる。技能実習は発展途上国への技術協力を目的にした在留資格だ。永住者や日本人の配偶者らは「身分に基づく在留」として報酬を受ける活動ができる。留学生のアルバイトも、本来の在留資格の活動を妨げない資格外活動として認められている。

厚生労働省によると、2018年10月末時点の外国人労働者数は146万人。在留資格別の内訳は技能実習が全体の21.1%、資格外活動が23.5%といずれも2割超を占める。現在は単純労働を対象とした在留資格がなく、安価な労働力の担い手となっている。

政府は昨年、深刻な人手不足に対応するため出入国管理法を改正した。4月から一定の技能や日本語能力を条件に外国人の就労を可能にする新たな在留資格「特定技能1号・2号」を設ける。単純労働での受け入れは事実上初めてだ。1号は初年度の19年度に最大4万7550人、5年間の累計で34万5150人の受け入れを想定する。多くを技能実習生から1号への移行が占める見通しだ。技能実習制度をめぐる長時間労働などの問題は、今後の外国人労働者のあり方にも影響しそうだ。

【関連記事】
外国人労働者、派遣社員を上回る 最多の146万人
外国人依存度、業種・都道府県ランキング
外国人増「良い」66% 若年層ほど支持 本社郵送世論調査
技能実習制度改善を提言 失踪問題受け法務省方針
技能実習生が窃盗団に 劣悪な労働環境、失踪誘発も
外国人労働者との共生 新たな隣人にニーズと不安
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]