/

この記事は会員限定です

承久の乱 坂井孝一著

後鳥羽上皇の理念を再評価

[有料会員限定]

承久3年(1221年)、朝廷の最高権力者である後鳥羽上皇が鎌倉幕府との戦いに敗れ、隠岐に流された。上皇が臣下によって流罪に処せられたのは史上初である。この承久の乱を機に朝廷と幕府の力関係は大きく変わり、結果的に武家優位の政治体制が確立した。

したがって承久の乱は日本史の転換点とすら言える重大事件だが、日本史学者が同乱の総体を説いた著作は意外に少ない。最近では関幸彦著『承久の乱と後鳥羽院』(吉川弘文...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り707文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン