/

この記事は会員限定です

ぼくの伯父さん 福島紀幸著

戦後駆け抜けた作家の評伝

[有料会員限定]

長谷川四郎は戦後短篇(たんぺん)の名作「鶴」で記憶される小説家である。同い歳(どし)の大岡昇平は戦場での経験を緻密に分析し、重層的な長篇(ちょうへん)を書いた。一方、ソ連国境の監視哨での経験をもとにした「鶴」は、歴史的事実や人間心理を多面的に描くのではなく、瞬間のイメージを鮮やかに切りだすことで、強くモダンな印象を残した。

本書は長谷川四郎に伴走した編集者による評伝。個人的に知るエピソードを特権的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り733文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン