2019年7月21日(日)

西浦田楽1300年 夜通し舞う
浜松市の山あいの伝統芸能、災厄・戦火くぐり代々継承 守屋治次

カバーストーリー
2019/1/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

浜松市水窪町(みさくぼちょう)の山あいにある西浦(にしうれ)地区には、1300年前から受け継がれる伝統芸能「西浦の田楽」がある。毎年旧暦1月18日(今年は2月22日)の月の出から翌日の日の出まで、西浦観音堂で夜を徹して田楽を奉納する。五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災を願う神事だ。

舞い手の「能衆」である私は22歳の時から50年以上、舞台の舞庭に立ち続けてきた。現在は能衆の筆頭である「能頭(のうが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。