/

韓国ウォン、下落懸念が後退 米国への資金流出、変化も

通貨番付

韓国の通貨ウォンの下落懸念が後退している。米韓金利差拡大を手掛かりに2018年10月に1ドル=1147ウォンまでウォン安が進んだが、11月末の韓国の利上げもあって、その後はじわじわと上昇。直近は1ドル=1130ウォン前後で推移する。

韓国新韓金融投資の河建炯(ハ・ゴンヒョン)氏は、19年のウォン相場は対ドルでゆるやかに上昇し、通年平均1100ウォン前後で推移するとみる。「米中貿易戦争を巡る交渉の長期化で米国経済にも悪影響が見え始めたため、韓国の資金が米国に向かう流れが変わる」と説明する。

ウォンは18年4月に韓国の好調な半導体輸出をうけて1ドル=1053ウォンをつけた。19年は半導体輸出が減少し韓国経済の減速が予想されるが、直近のウォンの相場は米国発の要因に左右されるためウォン安の材料になりにくいとの見方が多い。

(ソウル=山田健一)

18日までの1週間の外為市場で英ポンドが最も上昇した。ブレグジット問題を巡り、投機筋からの買い戻しが優勢だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン