100兆円予算を問う(上) 社会保障、借金依存脱却を
八代尚宏 昭和女子大学特命教授

2019/1/22 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○社会保障給付と保険料の差を国債で補填
○70歳までの一律的な雇用義務付け避けよ
○社会保障と労働市場の一体的改革が必要

日本の一般会計予算は年々膨張し、2019年度当初予算の歳出額は101兆円に達した。他方で好調な企業収益を反映して税収や税外収入は増えたが69兆円にすぎず、その赤字を埋める国債発行額は33兆円に及ぶ。財政の健全性を損ねる赤字国債の発行には本来、国会での議決が毎年必要だが、野党…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]