2019年8月18日(日)

那須疏水 流れる歴史くむ
最大級の扇状地開拓支えた水路 写真集にまとめ出版 磯忍

カバーストーリー
2019/1/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

栃木県北部に、那須野ケ原という日本最大級の扇状地が広がっている。かつては不毛の地とされたが、明治初期以降、新政府の重鎮だった松方正義らが大農場を開く。開拓を支えたのが那須疏水(そすい)で、琵琶湖疏水、安積疏水と並び日本三大疏水に数えられる。私は地元の那須塩原市に暮らし、半世紀前から開拓と疏水について研究してきた。

きっかけは1962年、高校3年の12月だった。西那須野町(現那須塩原市)の町史編さ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。