/

この記事は会員限定です

企業統治、何が足りないか(中) 経営人材育つ人事・評価を

ニコラス・ベネシュ 会社役員育成機構(BDTI)代表理事

[有料会員限定]
ポイント
○企業統治改革は実績求められる新段階に
○外部のプロ人材を生かす仕組みも乏しく
○取締役会の監督機能強化には研修カギに

2015年ごろに始まったコーポレートガバナンス(企業統治)改革は、18年に「フェーズ2」に入ったといえる。企業は形式的にガバナンス体制を整えるだけでは評価されない。投資家の合理的な要望に応え、明白な戦略、組織的変革、具体的な付加価値の創造と実績を生むという好循環が求められる。好...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2755文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン