2019年7月21日(日)

マイゴルフ

フォローする

パッティング 上り2メートルを真っすぐ打つ練習
市原弘大(13)

2019/1/17付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

19歳で「イップス」になった僕の長尺パター歴は、10年以上になる。2016年からの「アンカーリング規制」に備え、14~15年は一般的なパターを使い賞金シードも獲得したが、16年マスターズで長尺を手に活躍したB・ランガーを見て、同年の国内開幕戦直前に元の長尺に戻した。長年使っているせいか、長尺なら打った瞬間、結果がわかる。一方、短いパターだと、自分が思った結果とちょっと違う。いい感じで打って「入っ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

マイゴルフ 一覧

フォローする
頭のてっぺんから背骨にかけて真っすぐ軸をつくり、回転するイメージ

 「バックスイングで全てが決まる」。よく言われる言葉だが、本当にその通りだと思う。僕もバックスイングを重視している。テークバックの始動は、ターゲットに対してきちんとフェースを向けて構え、両腕とクラブが …続き (7/19)

プロ同期入門の出水田のツアー初優勝が刺激になった

 シード選手になって、周りから「近いうちに勝てるよ」と言われ好機を逃し続けても、焦らずプレーすることを心がけていた。そんな僕に、一番の刺激になったのは九州勢の初Vラッシュとなった昨年の8月、同郷の出水 …続き (7/12)

肩、胸のラインと腰や膝、スタンスのラインがスクエアになるように構えるのがオーソドックス

 アドレスはゴルフの基本だ。おろそかにして上達はあり得ない。肩、胸のラインと腰や膝、スタンスのラインがスクエア(平行)になるように構えるのがオーソドックス。ただ、人それぞれに構えやすいポジションがある …続き (7/5)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。