マイゴルフ

フォローする

パッティング 上り2メートルを真っすぐ打つ練習
市原弘大(13)

2019/1/17付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

19歳で「イップス」になった僕の長尺パター歴は、10年以上になる。2016年からの「アンカーリング規制」に備え、14~15年は一般的なパターを使い賞金シードも獲得したが、16年マスターズで長尺を手に活躍したB・ランガーを見て、同年の国内開幕戦直前に元の長尺に戻した。長年使っているせいか、長尺なら打った瞬間、結果がわかる。一方、短いパターだと、自分が思った結果とちょっと違う。いい感じで打って「入っ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

マイゴルフ 一覧

フォローする
ライが難しい場合は、クラブを短く持って打つとボールがフェースに乗りやすい

 バッグの中にウッドは1、3、5番、アイアンは3番から入れている。3、5番は好きなクラブで、ドライバーの調子が悪くなったらスプーンかクリークでティーショットを打つ。この2本が不調だとちょっとやばい。ク …続き (10/23)


 高校2年で身長は186センチまで伸びていたが、その割にドライバーショットは飛んでいなかった。学生の試合は団体戦もあるから、スコアメークが大切。思い切り振れないという感じもあったけど、自分のゴルフがそ …続き (10/16)

インパクトゾーンさえしっかりしていれば大きなミスにはつながらない

 スイングで、僕が重視しているのはインパクトゾーンだ。ゆがみのないアドレスやテークバック、切り返しはいいインパクトゾーンを迎えるためのもの。1メートルほどのゾーンにきれいに入れるよう、アドレスからポジ …続き (10/9)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]