2019年3月21日(木)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,608.92 +42.07
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,430 +60

[PR]

投資番付

フォローする

売り圧力の小さい銘柄 ユニファミマや地銀が上位
日本株番付

2019/1/16付
保存
共有
印刷
その他

1月下旬から企業の決算発表が本格化し業績面から銘柄を選別する動きが強くなる。市場での需給状況を示す「信用倍率」を見ると、売り圧力の小さい銘柄の上位にはユニー・ファミリーマートホールディングスや地銀が並んだ。

東証1部を対象に信用買い残を信用売り残で割った「信用倍率」(2018年12月28日申し込み時点)が低い順にランキングした。信用取引は原則、6カ月以内に反対売買される。売り残が多く倍率が1倍を割る銘柄は買い戻しの余地が大きい。

ユニファミマ株は昨年12月20日以降、下落傾向だ。ドンキホーテホールディングスへのTOB(株式公開買い付け)が不調に終わったためだが、18年3~11月期決算は連結純利益が前年同期比17%増となった。好調な業績と需給要因を背景に買い戻される可能性もある。

東邦銀行広島銀行などの地銀株も上位だ。日銀のマイナス金利政策などで「短期の反発はあるが中長期では売りが続く」(楽天証券経済研究所の土信田雅之氏)との見方が多い。

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム