重要インフラとは 14分野、機能停止なら大きな混乱
きょうのことば

2019/1/16 2:00
保存
共有
印刷
その他

▼重要インフラ 国民生活や経済活動の基盤となるインフラのうち、機能が停止したり、低下したりすれば特に大きな混乱を招くと見込まれるもの。政府は情報通信、金融、航空、空港、鉄道、電力、ガス、政府・行政サービス、医療、水道、物流、化学、クレジット、石油の14を重要インフラ分野と位置づける。

それぞれの重要インフラ事業者には総務省や経済産業省、国土交通省、金融庁といった所管省庁があり、サイバー攻撃の手口や対処法を共有している。緊急時などは内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が事業者や政府機関に直接助言する。4月に立ち上げるサイバーセキュリティ協議会はNISCや行政機関、重要インフラ事業者で構成し、官民の迅速な情報共有をめざす。

政府は事業者や所管省庁が適切なサイバー対策が講じられるよう行動計画をまとめている。今の第4次計画は2017年に策定したもので(1)安全基準等の整備・浸透(2)情報共有体制の強化(3)障害対応体制の強化(4)リスクマネジメントおよび対処態勢の整備(5)防護基盤の強化――が柱。今回改定する「安全基準等策定指針」は行動計画の付属文書で、安全性向上のための具体策を盛り込んでいる。

【関連記事】
サイバー対策、五輪前に 重要インフラに指針
首相、データ流通圏の構築提唱へ ダボス会議で
2019年は5G元年 車や医療のインフラに
2018年回顧 相次ぐ自然災害、インフラ襲う
政府、官民データ管理を強化 重要インフラにも対策
ファーウェイ排除念頭、民間に協力要請 政府 14分野で
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]