梅原猛さんを悼む 純粋無垢なロマンチスト 瀬戸内寂聴

カバーストーリー
2019/1/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

今から五十二年前、私は東京から京都に移り住んで中京区西ノ京原町という御池通に面した所に住んだ。その家に少し馴(な)れた頃、梅原猛さんがいきなりわが家の玄関に立たれた。

初めて逢(あ)った梅原さんは、人なつっこい笑顔で、まるで旧(ふる)くからの知人のように私を見つめながら、近くへ来たから立ち寄ったと言い、

「あなたは遠藤周作さんと親しいでしょう。私も遠藤さんと親しくて兄貴のように尊敬しています。遠藤…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]