/

この記事は会員限定です

日ロ領土問題進むか(複眼)

東郷和彦氏/木村汎氏/アレクサンドル・ガブエフ氏

[有料会員限定]

安倍晋三首相がロシアのプーチン大統領と1956年の日ソ共同宣言を基礎とする平和条約交渉の加速で合意した。宣言は平和条約締結後に歯舞群島と色丹島を引き渡すと明記している。戦後70年以上動かなかった領土問題に解決の道はあるのか。交渉本格化を前に専門家に聞いた。

◇   ◇

国境定め「2島+α」で 京都産業大学教授 東郷和彦氏

交渉を進展させるためには国民がこれまでの史実を正しく知る必要がある。発端は1945年2月の米英ソ3カ国によるヤルタ協定だ。第2次世界...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4051文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

大場 俊介

カバージャンル

  • 国内政治
  • 外交
  • 選挙

経歴

政治部で自民党や公明党を長く取材。2009年の政権交代時に民主党、首相官邸でキャップ。外務省、財務省など中央省庁で外交や財政政策の取材に携わる。令和改元、皇位継承取材班のデスクを担当した。現職は映像戦略本部部長。

活動実績

2021年1月18日 テレビ東京「モーニングサテライト」に出演。菅内閣の新型コロナ対応を解説
2020年12月22日 一般社団法人総合研究フォーラムで「菅政権の行方」をテーマに講演
2020年12月8日 BSテレ東「日経プラス10」出演。菅政権の追加経済対策について解説
2020年9月17日 企業の管理職向けセミナーで菅政権の展望について講演
2020年9月16日 BSテレ東「日経プラス10」出演。菅内閣発足について解説
2020年8月24日 テレビ東京「モーニングサテライト」出演
2020年6月17日 BSテレ東「日経プラス10」出演

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン