/

この記事は会員限定です

ウィーンに散る古伊万里

古城に所蔵された江戸の陶片 チームを発足し復元 荒川正明

[有料会員限定]

ウィーン中心部から北に約70キロ。美しい田園風景が広がる中、ロースドルフ城が建つ。中世の文献にも登場する古城で、かつての城主が集めたとみられる東洋や西欧の陶磁器の名品を大量に所蔵する。ただ残念なことに、その多くはバラバラの破片だ。

◆ ◆ ◆

調査は手つかず

城内にずらりと並ぶ陶片。このショッキングな光景は第2次大戦に由来する。城を接収した旧ソ連軍が引き揚げる際に破壊と略奪を尽くし、陶磁器も片っ端か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1422文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン