2019年3月26日(火)

マイゴルフ

フォローする

バンカーショット クラブ開きすぎず鈍角に
市原弘大(12)

2019/1/10付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

バンカーショットの際、僕は他のプロに比べクラブフェースを開かない。アマチュアの人もそのほうがいいと思う。大きく開いてダフらせようとするから、砂をとりすぎてボールが一発で出ない人が多い。クラブをV字っぽく鋭角に入れすぎないほうがいい。

バンカーショットでも「インパクトゾーン」を長くとったほうがいいと思っている。同ゾーンが30センチくらいのつもりでバウンスを使って滑らせる。逆目のラフからのアプローチ…

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

マイゴルフ 一覧

フォローする

 若い頃はスイングの弧を大きくするため、バックスイングで肩を深く回していた。年とともに硬くなった体に負担の少ない現在のスイングはコンパクトになっているが、効率よくクラブを上げて力をためるトップオブスイ …続き (3/14)

 体を正面から見て、時計盤の8時と4時の間のスイング、手元の高さが右腰から左腰へのスイングを通じて、スイングの土台をつくるところから「40(代半ば)の手習い」、ドライバーショットのスイング改造は始まっ …続き (3/7)

脇を締め上段からクラブを下ろして構えるのは剣道のメンの要領

 一言でいえば、若い頃のスイングはスイングアーク(弧)を大きくして飛ばそう、と考えていた。それが自然とオーバースイング気味になり、首と背中に負担をかけていた。スイングプレーン(面)に早く乗せるスイング …続き (3/1)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]