オフショア化する世界 ジョン・アーリ著 グローバル化の負の側面描く

2019/1/5 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

経済学は国際的な取引の拡大が社会に大きな利益をもたらすと教えているにもかかわらず、先進諸国では英国の欧州連合(EU)離脱のような反グローバリズムや、スペインのカタルーニャなど分離独立の動きが活発になっている。ポピュリズムが広がる中で、マスコミや知的権威の影響力は低下しているようにみえる。本書は「グローバル化と民主主義との矛盾」がテーマだ。

本書は、オフショアリングというキーワードで、グローバリゼ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]