2019年4月19日(金)

WTOとは 自由貿易のルール作り担う
きょうのことば

2019/1/3 2:00
保存
共有
印刷
その他

▼WTO WTOはWorld Trade Organizationの略で、本部はスイスのジュネーブ。モノやサービスの貿易自由化をめざして1995年に発足した国際機関。自由貿易のルール作りや裁判に似た紛争処理制度を設けている。約160カ国・地域が参加し、急速に経済成長を遂げた中国も01年に加盟している。

源流は1948年に発効した関税貿易一般協定(GATT)。保護主義が第2次世界大戦を引き起こした一因との反省にたって発足した。GATTは国際機関でなかったため、94年のウルグアイ・ラウンド交渉妥結の際にWTO設立が合意された。

新興国の加盟が増える一方、ルール作りは難航している。WTOの決定は全会一致を原則としている。近年ではWTOよりも2国間で結ぶ自由貿易協定(FTA)を重視する国が増えており、WTOの存在意義を問う声があがる。米国は機能不全を強く批判し、脱退もちらつかせる。日本は18年11月に米国、欧州連合(EU)と共同で改革案を提案している。

【関連記事】
WTO、データ取引で国際ルール 中国を念頭
中国の参加カギに WTOがデータ取引ルール策定へ
主導役なき世界を乗り切るために
「中国のハイテク政策は危険」 ナバロ補佐官に聞く
米、「車・農業・薬価・為替」に矛先 対日貿易交渉

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報